鯛ラバ自作ネクタイ型紙(タイプ1)【YAMASHITA 鯛歌舞楽】

カンジインターナショナルのシリコンシートロング(300×150mm)で出来るだけ多くのネクタイを作れるように型紙を作ってみました。

第一弾は、YAMASHITA 鯛歌舞楽(波動ストレート)っぽいのネクタイです。
やや幅広でアピールが必要なときに使うと良いかと思います。

データはA4サイズのPDFで作ってあります。これを印刷してシリコンシートロングに貼り付けてカットしてください。

詳しいやり方はいずれ書きたいと思います。

鯛ラバ自作ネクタイ型紙(タイプ2)【セブンスライド】はこちら
鯛ラバ自作ネクタイ型紙(タイプ3)【紅牙-ストレート】はこちら

自作ネクタイ型紙(タイプ1-Full)【YAMASHITA 鯛歌舞楽】

自作ネクタイ型紙(タイプ1-Full)PDF
上のPDFをクリックして開くか、ダウンロード(右クリックで対象をファイルに保存など)してA4用紙に印刷してください。

下のような型紙が印刷されます。できるだけたくさんのネクタイを取るために、ネクタイの間隔はあけていません。

間隔を開けたバージョンは下の方に「タイプ1-spacing」というのを用意していますのでそちらを使ってください。

自作ネクタイ型紙(TYPE-1)

点線が、シリコンシートロング(300×150mm)の範囲になります。

今回の「タイプ1-Full」では、23本のネクタイを作ることが出来ます。

シリコンシートが700円前後なので、1本あたり30.4円になります。

YAMASHITA 鯛歌舞楽(波動ストレート)の替ネクタイを買うと、5本入り400円ちょいなので1本あたり80円ぐらいです。

なので、「タイプ1-Full」で自作すると、半分以下のコストになります。

自作ネクタイ型紙(タイプ1-spacing)【YAMASHITA 鯛歌舞楽】

自作ネクタイ型紙(タイプ1-spacing)PDF

ネクタイが隣同士くっついてたら切りにくいという方は、こちらを使ってください。

ネクタイは15本作ることが出来ます。シリコンシートが700円前後だと、1本あたり46.6円になります。

Fullバージョンより取れる枚数は少ないですが、それでも替ネクタイを買うより断然安いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2015.3.30

できるだけ安くアオリイカを釣りたい「デフレエギ」を試す

どんなエギを使うのか? エギングを始めるとき、悩むのがエギの選択です。安いものから高いものまで様々なメーカーからラインナップされています。…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る